書籍・雑誌

読書?

読書の秋

今、読みたい本、たくさんあります。
でも、今日は、友人からお借りした「児童家庭福祉」の本を少し読んで勉強
う~~ん難しい言葉がたくさんです。
理念と概念を読んだだけで、頭クラクラします
専門用語、法律用語など、思っていたよりずっと難しいんですね。
子供と関わる仕事をしている私ですが、こういう勉強はしてこなかった・・・
頭の柔らかいうちに、勉強しておけば良かったな~~って、改めて思います

| | コメント (0)

音遊人 Autumn

YAMAHAから、秋の音遊人(みゅーじん)が届きました。

楽器探訪は、Electoneでした。
  • Img_6292

| | コメント (0)

音遊人

音遊人
みゅーじんと読みます。
1年には4回、YAMAHAから届く音楽冊子。
いつもレッスンの時、テーブルに置いておくので、付き添ってる父兄の方も目を通して下さいます。
貸し出しもして、ゆっくり読んで戴いています。
月刊エレクトーンも同様、色々な情報を知って貰うって大事ですね。

| | コメント (0)

一気読み

今日は土曜日で、仕事OFFの日。

昨日、購入した 夕べ一気読みしてしまいました。

もうちょっと・・・後少し・・・と読んでるうちに、どんどん惹きつけられ、続きが気になるし・・・

全然眠くならず! 

とうとう一気読み。

私、本を買うと、まず斜め読みしてしまいます。

早読み?

で、又、ゆっくり読み直すと、背景や描写が一度頭の片隅にあるので、楽しく読書ができるのです。

3年ぶりの新刊、とても良かった~~~ 

村上春樹らしいラストシーン。

主人公の多崎つくる、彼の人間像、私は好きです。

幸せになって欲しいなぁ・・・と、感じました。

| | コメント (0)

楽しみにしていました

村上春樹さんの3年ぶりの新刊 

「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」

今日発売され、早速購入。

昔から村上さんの本、好きで読んでます。

・・・で、夜更しして読んでます 

Img_4117

| | コメント (0)

聞く力

今年1年のベストセラーNOとなった『聞く力 心をひらく35のヒント』

著者は、「阿川佐和子さん」

ニュース番組のキャスターの経験も豊富で、ユーモアがあって、的確で鋭いコメントが私は好きです 

阿川さんが数多くの対談やリポートでの1対1の言葉のやり取り、“タイマン勝負”から得た聞き手の心得を、自らの体験を交えて書かれているのですが、なる程!!なる程!!と納得させられます。

自分の知識や考えを振りかざさず、常に読者や視聴者目線で対談を進めていく阿川さん

とても謙虚でまじめ、そして好奇心も向上心も旺盛なお人柄
 
人と真剣に向き合うことで自分も磨かれていくのでしょうね。

私も、そんな魅力ある女性になりたいなぁ 

| | コメント (0)

空飛ぶ広報室

今、一番気になってる小説が、有川浩さんの 空飛ぶ広報室

自衛隊をモデルにした話です。

http://www.gentosha.co.jp/book/b5853.html

 は、 の中か、寝る前に・・・・ 

でも、この頃は、なかなか時間もなく、ゆっくり本を読む事が少なくなり、これではいけない!!って事で、これから購入してきます 

近くに磯子図書館があって、娘はよく利用していますが、私はカードを持ってるのに、あまり行かなくなりました。

調べ物の時だけ利用。

静かだし、エアコンきいてるし、ここで、ゆっくり時間を過ごすのもいいかも 

| | コメント (0)

読書の秋

ここ数年、本を読む事が随分少なくなってきています。

雑誌系は、生活・健康・音楽・ファッション・料理・・・と、無意識に読む事が多いのに、ゆっくり1冊の本を読む時間がなくなってきている気がします。

以前は、出かける時には、 の中に文庫本を入れ、 に乗ってる間、必ず読書していたのに、この頃は、読書よりも で、お気に入りの曲を聴いてる方が多く、どうも読書離れになってる事に、少し反省しています。

やっぱり、本は読まなきゃ 

そして、漢字が書けない 

読めるけど、書けない 

この原因は、 や に毒されているからなのかな?

変換キーひとつで漢字がずらり・・・

そこから選択すればいいんですから。

これでは、漢字は覚えられず、書けなくなって当たり前です。

私、一回読んだ本、捨てられずにずっと残してあります。

その時代、時代の思い出も詰ってるし・・・

ダンボール箱に詰め込み、トランクルームに入れたまま 

大の本好きの息子の部屋だった本棚には、未だ本がズラリ・・・

活字離れを少しでも取り戻す為にも、ちょっと読んでみようと思います。

行間を読み、想像力を高め、創造力を養い、文章力を鍛える為にも 

読書の秋も、もうすぐそこまで近づいてきているんですものね 

もちろん食欲の秋もだけど・・・  

| | コメント (2)

生きる

生きる                  
           
                           谷川俊太郎
生きているということ
いま生きているということ
それはのどがかわくということ
木漏れ日がまぶしいということ
ふっと或るメロディを思い出すということ
くしゃみをすること

あなたと手をつなぐこと

生きているということ
いま生きているということ
それはミニスカート
それはプラネタリウム
それはヨハン・シュトラウス
それはピカソ
それはアルプス

すべての美しいものに出会うということ
そして
かくされた悪を注意深くこばむこと

生きているということ
いま生きているということ
泣けるということ
笑えるということ
怒れるということ
自由ということ

生きているということ
いま生きているということ
いま遠くで犬が吠えるということ
いま地球が廻っているということ
いまどこかで産声があがるということ
いまどこかで兵士が傷つくということ
いまぶらんこがゆれているということ

いまいまがすぎてゆくこと

生きているということ
いま生きているということ
鳥ははばたくということ
海はとどろくということ
かたつむりははうということ

人は愛するということ

あなたの手のぬくみ
いのちということ

| | コメント (0)

伝える力

池上彰さんの 「伝える力」を読んでいます。

 でも、世界情勢や、政治等、とても分かりやすく説明していて、つい1時間、2時間と見てしまうのですが、この本、物事を正確に理解する事の重要性を、誰にでも理解できるように、書いてあります。

つまり、「自分はいかに物事を知らないか」を知る事からスタートします。

自分の考えを人にわかりやすく伝える事って、とても難しいです。

自分の話で人を引き付ける事は、もっと難しいです。

「その力を養うためには、まず伝える側に謙虚な姿勢がないと何も見えてこないし、何も上達しない」 と、まとめてありました。

なるほど~~「伝える力」って、表現力やテクニックではなくて、相手の立場を考えられる力なんですね。

私も、よく をしますが、誤解を招くような事のないよう、言葉を選んでいるつもりです。

でも、本当に大事な話は、直接会って話す事で、相手に気持ちが伝わるはず。

今、気持ちを伝えたい人がいます。

  じゃぁないですよ~~ 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧