« チェンバロの魅力 | トップページ | アプリ »

オーケストラマイスター

岩崎孝昭さん編著「オーケストラマイスター」購入しました。

Img_7985

STAGEAサウンド編 という事で、岩崎さん流のレジストレーションを作成する際の考え方、クラシックで使われる音色の解説、レジストレーションの設定・・・等、詳しく解説してあります。

レジストレーション、つまり音色って、いつも、試行錯誤しながら作っていますが、良い演奏を聴かせるには、演奏する曲にふさわしいレジストレーションを作る事が大事です。

タッチトーンや、リヴァーブ、ブリリアンス、エフェクト諸々、細かい設定ひとつで、音質や音の表情が変わってきます。

岩崎さん曰く・・・

『あるときは、勇ましく

あるときは、限りなく甘く

様々な顔を持つオーケストラ・サウンド。

まず、「どんなサウンドか」 捉えることから始めるのが岩崎流です。』

アレンジには、欠かせないレジストレーション、今一度、勉強してみようと思います。

|

« チェンバロの魅力 | トップページ | アプリ »

エレクトーン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« チェンバロの魅力 | トップページ | アプリ »