« モン・サン・ミッシェル風オムレツ | トップページ | 芥川賞 »

短調のスケール

レッスンで新しい曲に入ると、必ず勉強するのがスケールです。

活用している「エレクトーン スケール・カデンツ・ブック」 

生徒さん、長調はすぐに覚えてくれるのですが、短調は苦手のよう・・・

今日は、ト短調のスケールの学習を 

b(フラット)が2つ。

カデンツは、コードネームGm⇒Cm⇒D7⇒Gm

ここまでは、覚えてくれた 

さて、短調は3種類のスケールがあるのです。

自然的短音階(ナチュラルマイナー)

和声的短音階(ハーモニックマイナー)

旋律的短音階(メロディックマイナー)

どうして3つ必要なのか、ゆっくり勉強しましょう

スケール、カデンツは、演奏力・即興力アップの為に、そして音楽の基礎力アップの為に必要な勉強。

私達講師も、スケール全調 コード付けて、スラスラ弾けたら凄い 

生徒さんとの勉強は、自分自身の勉強でもあるのです。

音階各音上の和音 ダイアトニックコードなんて、すぐにコードネーム言える??

ちなみにト短調で、ソ ラ bシ ド  レ  bミ ・・・

これにダイアトニックコードを付けていくと

Gm  Am-5  Bb+5 Cm D Eb・・・

コード倫理、一緒に頑張りましょう 

|

« モン・サン・ミッシェル風オムレツ | トップページ | 芥川賞 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« モン・サン・ミッシェル風オムレツ | トップページ | 芥川賞 »