« 上を向いて歩こう! | トップページ | 発表会延期のお知らせ »

練習の積み重ねで

グレードを受ける生徒さん、曲集の楽譜を演奏する時は、譜読みから始まり、練習を重ねていって、難しいフレーズもたくさん弾いてるうちに、できるようになります。

でも、即興が・・・となると、頭を悩ませてしまうのです。

即興の最大のポイントは、頭でイメージした音楽を《即》演奏する事です。

その《即》が、みんな難しいと感じているんですが、頭でこんな感じにしたいとイメージしても、音にならない、実際に弾くとイメージとは違う!

曲集を弾く時は、楽譜があって、頭は目から入った情報をそのまま手に伝達すればいいだけですが、即興は、目からの情報がないので頭で考えながら手に指令を送る!だから難しいと思ってしまうのです。

《即興脳》を育てる事で、少しでも解決できるという事が書いてあったので、生徒さんにもわかりやすく説明しました。

まず、和音の基本は、カデンツです。

カデンツは、主要3和音のⅠ.Ⅳ.Ⅴから成り立っていますが、色々な調で練習してみます。

基本形、第1転回形、第2転回形と、同じ調で、3パターンを間違えずに弾けるまで何度も練習します。

じっくり時間をかけて、1日1調毎日練習します。

そのうち、和音の回転がスムーズに押えられるようになってくるので、左手で弾いた和音を右手で弾いて、次に和音を両手で同時に弾いて・・・・

色々な調で弾いてると、どの調で弾いても、和音を押える手の形が同じな事に気が付きます。

練習を繰り返していくうちに、考えなくても手が勝手に和音を覚えてくれるようになります。

と、まず、カデンツを毎日毎日練習する事を心がけるお話をさせて戴きました。

や、が増えてきても恐れない事です。

3日坊主ではダメですよ~~ 

続きは又・・・・

|

« 上を向いて歩こう! | トップページ | 発表会延期のお知らせ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 上を向いて歩こう! | トップページ | 発表会延期のお知らせ »