« おうちランチ | トップページ | HP 1000 アクセス »

クリスマス パイプオルガン コンサート

みなとみらいホールでの、 コンサートに友人と行ってきました。

山口綾規さん。

昔は、よく、月に1回の1ドルコンサートに足を運んだのですが、水曜日のお昼の時間が、なかなか取れずに、みなとみらいホールのオルガンコンサートは、久しぶりでした。(月に一度、来年の1月で、150回になるそうです。もう何年も続けているんですね)

今回のは、1ドルコンサートではなかったので、時間も1時間ちょっとと、楽しめました。

 ジョイフル・ジョイフルのオープニングでスタート。

やはり、この時期、第九の4楽章のメロディは特に有名で、「天使にラブソングを」 でシスターが歌ってからは、あちこちで歌われています。私達もゴスペルで、子供達と一緒に歌ったこの曲は、やはり思い出深くて、パイプオルガン、リズムこそありませんが、エレクトーンのノリで弾いていて、最初から興奮状態でした。

ディズニー映画「ファンタジア」~~歌劇ジョコンダより「時の踊り」

アルフレッド・ホリンズ クリスマスの子守歌

低音の動きが、ゆりかごを連想させる優しいゆらぎを感じました。

 ヨハン・セバスティアン・バッハ 前奏曲とフーガ ハ長調 BWV547

クリスマスの賛美歌を元にした、バッハの他の作品と同じフレーズは使われているので、このクリスマスの時期は、よく演奏されるオルガン曲。

前奏曲は、舞曲風で、晴れやかな感じ、そして、荘厳なフーガ、演奏に凄いエネルギーを感じました。

 アンドリュー・ロイド・ウェバー「オペラ座の怪人」より スィンク・オブ・ミーをはじめ5曲メドレー

全部美しいメロディで、ストーリーが鮮やかに蘇ってきました。

 クリスマス・メドレー  (イントロダクション  ウィンター・ワンダーランド  きよしこの夜  ひいらぎかざろう   アイ・ワンダー・アズ・ワンダー  サンタが街にやってくる  神の御子は今宵しも)

いやぁ~~素晴らしい演奏でした

みなとみらいホールのパイプオルガンは、「ルーシー」という名前のオルガンだそうです。

オルガンといっても、チェレスタのような音も出るし、ベルのような音も出るし、クラシックに限らず、ポピュラー音楽にもアレンジされ、低音から高音までのすべての響きに酔いしれた贅沢なコンサートでした。

本物のパイプオルガンの音は、ホールを駆け回っていました 

|

« おうちランチ | トップページ | HP 1000 アクセス »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おうちランチ | トップページ | HP 1000 アクセス »