« ポカポカ陽気 | トップページ | 結成1ヶ月のハーモニー »

調の性格

調性のイメージを考えて曲を弾いた事ってありますか?

ずっと前にjetのエリア研修で、調性には、それぞれ独自のイメージがあって、そのイメージがそのままアレンジのポイントになる・・・なんて勉強をした事を思い出しました。

レッスンの時に、簡単なフレーズを調を変えて弾く勉強をしています。

一緒にコード付けの勉強にもなるし。

その時に、生徒が、「違う調で弾くと曲の感じが全然違う!!」って感じてくれました。

よく気がついてくれました。

ハ長調のイメージ(性格)は、素朴な自然な曲想、安定感があって、高貴で無邪気。

それをヘ長調にすると、のどかで、美しい感情表現をする事ができて、優しくて柔らかいイメージに変わります。

又、ト長調で演奏すると、積極的で快活な曲想で、ハ長調よりも戦闘的なイメージ。

生徒にはこんな難しい言葉では言いいませんが、調を変えて弾くだけで、こんなにも感じ方が変わっていくのです。

生徒がそれに気がついてくれた事が凄く嬉しいです 

|

« ポカポカ陽気 | トップページ | 結成1ヶ月のハーモニー »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ポカポカ陽気 | トップページ | 結成1ヶ月のハーモニー »