« ペットサロンオープン | トップページ | ARASHI »

楽譜の浄書

ここ何年かは、 で楽譜を書いて保存していますが、まだ手書きで書いていた頃の楽譜が、たくさんあって、時間のある時に で打ち直そう・・と思いながらしばらく経ってしまいました。

どうしても集中して仕事ができるのは、 になってから

ちょうど、夫は沖縄へ 出張中 

こういう時は、仕事がはかどります 

手書きの楽譜、自分では綺麗で、見やすいと思っていたのですが、昔昔に書いた音符、実際に打ち込み、鳴らしてみると、半音違っていたり、#やbが抜けていたり・・・・ 

改めて打ち込んでみて、こんなアレンジしたのかなぁ・・・って、しばらく弾かない曲を、弾いてみたり・・・・

脱線・脱線の繰り返しで、結局、3曲しか打ち込みができずの状態で今夜は終了。

でも、早くなったなぁ~~ で楽譜書くの  

|

« ペットサロンオープン | トップページ | ARASHI »

音楽」カテゴリの記事

コメント

きちんと楽譜に浄書しても、・・・
何回やったら校正終わるの状況に陥り
これってこれって・・・きりがない笑

私は、特にフレーズのスラーとか、音符の後からの
作業にものすごく時間がかかってしまいます。

おまけに・・・肩がこる爆!

でも、やっぱり綺麗な楽譜は見やすいですよね。

投稿: gurico | 2010年5月23日 (日) 20:04

ほんとですね。
ずっとの前に居ると目も疲れるし、肩もこります。

ショートカットkeyを覚えたら、とても打ち込むのが楽になりました。
一番苦労するのは、やっぱりレイアウトです。

アレンジした楽譜に生徒さんの名前を入れてあげると、とても喜ばれます

投稿: シュウエット | 2010年5月23日 (日) 22:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ペットサロンオープン | トップページ | ARASHI »