« 写真 | トップページ | サラリーマン川柳 »

お琴

やっぱりお琴はいいなぁ・・・って、日曜日の 題名のない音楽会を観て思いました。

沢井一恵さんの演奏でした。

 六段   私が小学校の時に演奏した曲。

お琴を習ってる生徒さんは、誰でも練習する曲です。

妹と近くのおばあちゃん先生の所へお稽古に通っていました。

発表会も大勢の大人の中に3人だけ子供がいて、みんなに可愛いがって貰ったなぁ・・・とか、尺八の叔父さん達と遊んだなぁ・・・なんて、懐かしく思い出されました。

久しぶりにプロの素晴らしい演奏を聴いた~~ 

そして、この沢井一恵さんが、坂本龍一さんに委嘱した作品 箏とオーケストラのための協奏曲 

春・夏・秋・冬・・・と四季を表現した4楽章からなっているのですが、始まりは冬からで、静かな大地・・・春の訪れを待ちわびて優しい光が差してくる・・・そんな風に感じ、そして、夏に向かっての熱気・横溢・・・そして秋の木々が色づき、黄昏・・・鎮魂・祈りへ・・・みたいな、気がついたら正座をして聴き入ってしまいました。

ちょっと鳥肌たちました。

さすが、坂本龍一さん 

 

|

« 写真 | トップページ | サラリーマン川柳 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 写真 | トップページ | サラリーマン川柳 »