« グレードトレーニング配信開始 | トップページ | 久しぶりに長電話を »

天才!鬼才!ファジル・サイ!!!

毎週楽しみにしている 「題名のない音楽会」、ファジル・サイのピアノ演奏、魅了されてしまいました。

以前から、クラシックのピアノ曲など、アレンジして弾いてる方ですが、まず、いつもはアンコールで弾く「トルコ行進曲」を、『トルコ《JAZZ》行進曲』と題して弾き、正統派な演奏ではない演奏、モーツァルトが聴いたら、ビックリするかもしれませんし、色々意見もあるでしょうけど、私はこういうテンポ感のあるアレンジ、大好きです

あくまでもアレンジなのですから・・・・

そして、同じくモーツァルトのピアノコンチェルト「ピアノ協奏曲第21番1楽章」では、カデンツの部分を、アレンジしてとても楽しそうに弾いていました。

トルコ人のピアニストという事で、時折トルコの文化にも触れていました。

そして彼の作曲した「ブラック・アース」は、トルコの民謡とジャズを施法的な音楽を匠に融合させての展開・・・素晴らしい曲でした。

演奏している時の彼の楽しい表情、寂しそうな表情と共に、ピアノの音も楽しい明るい音の響き、そしてもの悲しい音、同じピアノなのに、こんなにも違う音を出してしまう演奏って、やっぱり凄いなぁ~~

憧れます

|

« グレードトレーニング配信開始 | トップページ | 久しぶりに長電話を »

音楽」カテゴリの記事

コメント

私も見てました~~♪
本当に表情豊かに演奏されてましたね!
ブラック・アース、良かったなぁ~~~

投稿: cherry | 2009年9月10日 (木) 21:34

cherryさん~~お久しぶりです!!

わぁ~cherryさんも見てましたか?
良かったですよね~~

ブラック・アース、凄く素敵でした。
あんな風に弾けたらなぁ・・・・

投稿: シュウエット | 2009年9月10日 (木) 22:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« グレードトレーニング配信開始 | トップページ | 久しぶりに長電話を »