« NHK名古屋放送で | トップページ | 忌野清志郎さん »

題名のない音楽会

「脳を活かすバッハの聴き方」と題して、「クラシック音楽の原点」とも言われるJ.S.バッハの有名曲をとりあげ、脳との関係性を探りました。

脳科学者の茂木健一郎さんの話によると、脳は、美味しい物を食べたいとか、好きな音楽を聴きたいとか・・・そう思うだけで、脳が喜び、活性化するのだそうです。

1曲目、先日コンサートに行ったオペラシティのパイプオルガンでの「トッカータとフーガニ短調」は、素晴らしい響きでした。パイプオルガンなんて弾く機会は、まずないでしょうけど、一度弾いてみたいなぁ・・・

ヘビメタバンド《メガデス》の元ギターリスト、マーティ・フリードマンとオーケストラの共演で、「ブルンデンブルク協奏曲第3番、3楽章」を。

バッハとロック・・・エレキギターのアドリブが何ともカッコ良くて、全然違和感なく聴けた素敵な1曲でした。そして、彼のギターに《激辛》という文字を発見なんと日本語も上手

そしてなんと言っても、「管絃楽組曲 第2番より ポロネーゼ」 私も以前から大好きな曲。この時代の管弦楽組曲は、フランスの舞台音楽に起源がある事から、冒頭には、ゆったりしたフランス風序曲があって、その後何種類かの舞曲で構成されています。ロンドもメヌエットもみんな素敵な曲です。

モーツァルトも良いけど、バッハもやっぱり大作曲家だなぁ~と改めて思う30分でした。

今日の私の脳は、どれくらい活性化したかな

来週は《ドヴォルザーク》 又、楽しみです

|

« NHK名古屋放送で | トップページ | 忌野清志郎さん »

音楽」カテゴリの記事

コメント

バッハ、私も大好きです。

持っているCDの中で一番枚数が多いかも。
コンサートにも(昔は)良く行きました。
一番記憶に残っているのは、
ゲバントハウス・バッハ・オーケストラの
ブランデンブルグ全曲。何年前だろう・・・?

一番すきな作曲家はブラームスです。
シュウエットさんは、モーツァルトですか?

投稿: さん吉 | 2009年5月 3日 (日) 18:03

さん吉さんもバッハ好きですか~~(^^)

やっぱり偉大な音楽家ですね。
ブランデンブルグ全曲・・・凄い!
何番が好きですか?

そうかぁ・・さん吉さんはブラームスが一番好きなんだぁ~~
音楽でドイツの3大B・・バッハ・ベートーヴェン・ブラームス習いましたね~

私は父がモーツァルト大好きで、よくCD聴いていたので、その影響もあって、好きです。
胎教に良いのもモーツァルトだったので、よく聴かせていました。

投稿: シュウエット | 2009年5月 4日 (月) 00:04

こんばんは

ブランデンブルグの中では5番が一番好きですが、
3番、4番もいいですね。
できれば古楽器の演奏で聴きたいです。
jetの研修で、指揮のT先生がヴァイオリンの弓は、
手元と先端部では音が(特に音量)違うと仰っていましたが、昔の弓は今の弓と‘ソリ’が逆に作られていたから、その違いはもっとはっきりしています。また、弦はガット弦でないと。

こんな話しになると終わらなくなります。

やはり、あの3大B スゴイです。


投稿: さん吉 | 2009年5月 4日 (月) 19:41

おぉ~~さん吉さん~~熱く語りますね!!

私は、4番のandanteが一番好きかな?
ヴァイオリンの響きがとてもいいです。

ヴァイオリンって、弓が昔と今って違うんですか?
知らなかった~~!!

うちには、娘が使っていた4分の1のヴァイオリンから揃ってます。
孫ができたらやってくれるかしら・・・(^^)

やっぱり3大Bって、ただものではないですね。

投稿: シュウエット | 2009年5月 5日 (火) 00:26

職場から書いているんですが、僕はバッハといったら、マタイかなあ、でもバッハよりはどちらかといったら、ハイドンなんです!
 シンフォニーは有名ですが、一番のお気に入りは「天地創造」なんですよ。
 合唱が活躍するオラトリオなんですが、僕なんか意味がわからなくても、メロディだけで、メロメロです。

投稿: 千の風 | 2009年5月 5日 (火) 17:21

千の風さん~~こちらにもありがとうございます。

マタイ・・・宗教音楽ってよくわからないのですが、ミサ曲とか、じっくり聴いてみたいです。

バッハよりハイドンですか~~(^^)
ハイドンって、子供の時に確か聖歌隊で歌っていたんですよね?
合唱曲、たくさん作曲してますね。
オラトリオ、あまり聴く機会ないのですが、千の風さんお薦めの「天地創造」今度聴いてみます。
メロディ、メロメロ・・・になる位素敵なんですね~~

投稿: シュウエット | 2009年5月 5日 (火) 22:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« NHK名古屋放送で | トップページ | 忌野清志郎さん »